相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


11.夢

 
「夢」は誰もが自由に抱くことができるものです
 
昔、子供の頃、友達に夢を聞いたら 
「総理大臣になりたい」とか「野球選手になりたい」
中には「バケツいっぱいのプリンを一人で食べたい」なんて
言っている子もいました
 
何を隠そう、私は歌手になりたいと思っていました。
私の場合はお陰様でクラウンレコードからデビューも出来ましたし
レコード(昔だとバレてしまいますね)も出すことが出来ました。
 
でも、「一枚、レコードが出せればいい!」って思っていたら、
実際その通りになって それで終わりでした。
 
あの時の夢を「横浜スタジアムを満員にしたい」っていうことにしていたら
実際そうなっていたのかも知れません。
私はあの時、思い続けたら「夢」は叶うんだという事を実感したのです。
 
しかしながら、夢は私一人の力では到底 叶わなかったのだという事も痛いほど実感しています
 
私の場合は両親が何も言わずに応援してくれていたから 
私を認めて応援してくれる人と出会う事ができたから
 
私はいつも「誰に出逢ったかで人生が決まる」と思っています
良い人に巡り合うことも夢を実現させる大切な要因です
 
今の私の夢は「日本中に気功を広めて、病気で苦しんでいる 
たくさんの人を楽にしてあげたい」という事です
その為なら、どこにだって私の知っていることを
すべて教えに行こうと思っています。
 
 
今の子供たちは現実的で夢なんてあまり描いていないんじゃないか、
そんな風に思ったりしますけど
そんなことはなくて 今の子供だってたくさんの夢を描いていると思います
 
でも、大人は時々、まあ、将来を心配して言っているのでしょうが
「何を夢みたいなこと言っちゃって、夢じゃ生活できないのよ
まず、勉強して、就職して結婚して・・・もう、いい加減 目を覚ましなさい!」
なんて身も蓋もない ぶち壊すようなことを言います
 
それは決して言ってはいけない事です
「可能性は0ではない」って野菜ジュースのCMで古田新太さんが言っていました
 
あの言葉は素晴らしい!魔法のことばだと思います。
まあ、でもねー多分 コピーライターか作家が作ったんだと思いますが・・・
 
あっ!言ってるそばから自分で余計な事を言っています 身も蓋もありません!(反省)
 
とにかく、宇宙飛行士になりたい、って思っている子供がいたとしたら
もしかしたら一生懸命に勉強して努力して
本当に宇宙飛行士になるかもしれません。
 
では、二人の同じ夢を持っている人がいるとします
まあ、能力はだいたい同じくらい
片方は夢を叶えました
もう片方はあきらめて、でも何となく夢を引きずりながら
平凡な生活を送りました
 
この二人の違いは何だったのでしょうか
 
それは思い、「念」の強さです
 
「念」っていうとチョット怖い感じがしますけど
思い続けること、ずーっとあきらめずに思い続けることなんです
 
念ずれば通ず って言葉があります
 
あきらめないで思い続けていたら必ず夢は叶うのです
悲しいかな、だいたいの人は途中で諦めて、妥協してしまいますけど。
 
又、「虚仮(こけ)の一念岩をも通す」ということもいいます
虚仮とは愚かとか馬鹿にするなどあまりいい意味ではないのですが
そんな思慮の浅いモノでもひとつの事をあきらめずに真摯に貫けば
必ず成し遂げることが出来るという事です。
 
もしも私が病気になって、絶望しているとしたら 
夢を思い浮かべるどころではありません
明日が来ることが当たり前と思っていたのに、明日はないかも知れないのです
そんな状況で「夢を持つのです」なんて言われても正直、腹が立つだけです
 
 
でもチョットだけ上を向いてください。
何が見えますか。天井ですか?空ですか?
昔の楽しかった思い出がボーっと見えてきませんか?
 
私の考えですが上を向きながら 
あまりネガティブな事は考えられないような気がします
 
 
夢は何も何十年も先の事だけではないのです。
チョット可能性がありそうな 小さい夢だって立派な夢です。
 
小さい夢ってなんですか?バケツいっぱいのプリンを一人で食べたい?
コレはチョット頑張れは叶いますね。
 
そうですね、例えば、昔 旅行で行った○○のお饅頭が又食べたいなあーとか
 
今はインターネットでほとんどのモノはお取り寄せできます
実際にその饅頭を取り寄せて食べてみたら・・・
味覚や嗅覚は記憶を呼び起こしますので、
昔の思い出が蘇ってきて旅行気分が味わえるかも知れません
 
そんな小さな事を繰り返しているうちに
どうしても もう一度そこに行ってみたくなるかもしれません
 
そうなったら膝が痛いとかどこが痛いとか言っている場合ではありません
「何とか歩かなきゃ」って嫌だった リハビリも始めるかもしれないし
気功に行ってとにかく痛みをなくしてもらおうと
かとう公いち治療院に通う気になるかも知れないし(笑)
とにかく ドンドン行動的になっていきます
まさに、一念が岩を貫いていく勢いです
 
元気になったらあれをしよう、これもしよう。それも必ず行くんだ!って
思っていたら実現してしまうものなのです
 
とにかく「可能性は0ではありません」
 
夢を見てはいけない人なんていません
是非、いい夢をみて下さい
 
夢に年齢などありません
 
そしてそれを現実にしていってください
応援してくれる人が必ず近くにいます
 
私もその一人です。

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ