相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


13.なつ

なつ

 
子供の頃の記憶では常夏でも気温は27℃くらいで 
30℃を超えるとテレビでニュースになっていました。
朝のラジオ体操に出かける時は空気がスーッとして気持ちが良かったものです
 
日中暑くても、夕方になると何処からかゴロゴロゴロゴロと雷が鳴り始めて
ザ―ッと雨が降って涼しくなりました。
 
そういえば最近、夕立ってほとんどありませんね。
今は熱せられたアスファルトに雨なんて降ったら
蒸し器の中に入れられているようになってしまいます
 
そうそう、夕立はありませんけど「ゲリラ豪雨」がありますね
コチラは本当にいつ、どこに降るかわからないので大変困ります
気象庁なども夕立は予測できるそうなんですけど
ゲリラ豪雨は予測するのが難しくて困るとテレビで言っていました
 
夕立の後はサ―ッと涼しい風が吹いてきて、
スイカやトウモロコシを食べたり、縁側で涼んだり
風鈴の音を聞きながらエアコンなどなくても夜は気持ちよく過ごせたものです
 
しかし、最近は気温39.8℃とか・・・
夜も熱帯夜で30℃を下回らない日もあります
40℃くらいになると体温より高いのですから
身体もたまったものではありませんね
 
熱中症で倒れる人も続出です。
 
脱水症状になったら大変なので水分補給も気を付けてください
水は一気に飲むよりも少しずつ、マメに飲んだ方がいいのだそうです。
どうしても冷たい水をグビグビ飲みたくなってしまいますが 
本当は常温の水の方が身体には優しいです
 
実は、人間の身体は暑い時には冷やそう、冷やそうとしています
 
毛穴を開いたり汗を出したり
冷やそうとしている時に更に身体を冷たくすると、
今度は冷えすぎてしまうのですね
免疫力は体温が高い時に発揮されます
 
冷えは一つもいい事がありません。
病気になって熱が出るのは熱によって病原菌を攻撃して
身体を治そうとしている為です。
 
冷え症の女性は冬場よりも夏の方が深刻です
 
特に職場は暑い中お越しになる来客やスーツの男性に温度設定してありますから
一日中冷風にさらされている女性は大変です
 
「気」はエネルギーですので基本的に太陽とかマグマと同じで温かいモノです
 
冬は「気」を受けることによって温泉に入った後の様に
身体の芯からポカポカしてとても気持ちがいいです
 
じゃあ、夏なんて暑くて仕方がないんじゃない?と思われがちなんですけど
そうじゃありません
 
夏は冷房や冷たい飲み物などで身体は結構冷やされていますし、
食欲が無いのであっさりした食事で済ませがちです
 
蒸気機関車に石炭をくべなかったらどうですか?動きませんよね
人間の身体だって同じです。
 
まずはきちんと食事をすること
水ものばかりだと胃酸が薄まってよくありません。
夏場に食中毒が多いのは食品が傷みやすいっていうのもありますけど、
こういう事も原因の一つです。
 
自分の身体は自分が守るしかありません。
 
「気」は身体を今現在で一番いい状態にします。
 
年齢や体調は人それぞれ、千差万別です。
 
20歳若返らせて下さいとか、病気になる前の身体に戻して下さいとか
そういう事は私は魔術師ではないのでできません。
 
でも現状で一番いい状態。
楽しく笑って喋って飲んで食べられて
思わず鼻歌が出てしまう状態に近づけていきます。
 
痛みがあったり、気分がすぐれないときは笑う事も食べることも出来ませんから
 
夏場、病気ではないけれど調子が悪かったり、
だるくて何にもする気にならないなど
病院に行っても特に問題ないと言われたり 
処置も投薬もしなくていい状態だけど とにかく辛いという時
是非 「気」を受けに来てください
 
帰りはルンルンです

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ