相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


24.ひとり

ひとり

 
最近は「ひとりカラオケ」とか「ひとり鍋」とか
一人で行動する人が多いのだそう
 
旅行も家族や友人とではなくて「ひとり」で行ってみたり。
 
旅に関しては昔から「一人旅」ってありましたが、
カラオケやボーリングなんかは大勢でワイワイっていうのが普通でした。
(私が古い人間なのでしょうか?)
 
私はなるべく大勢の人といたい方なので、
あえて一人で行動するというのが「寂しくないのかな?」と
思ってしまうのです。
 
「おひとりさま」の好きな人に なんで一人で行くの?って
聞いたことがありました
 
すると、
「誰かと一緒だと気を遣わないといけないじゃない、
みんな好き勝手言って私が振り回されてばっかり。
こっちが下手に出てればいい気になっちゃって。
一人だったら自分の好きな時に自由に行動出来て最高!」と言っていました。
 
社会で忙しく たくさんのストレスを抱えながら働いているのですから、
本当にお気の毒な事です。
 
そうかそうか、気を遣うと疲れちゃううんだね~そうかそうか・・・・ん?
チョット待てよ・・・
 
気を遣っているのに疲れちゃうっていう事は、
実際、ちゃんと人の事を考えてこの人の為にって心を込めて
「気」を使っていないんじゃないの?
「もう、面倒くさいなー」なんて思いながら顔だけ取り繕って
引きつった笑みを浮かべて
あなたに「気」を遣ってますアピールしても
それは本当に「気」を遣っている事になっていないのです。
 
「気」は心から誰かの為に遣わないと自分にも入ってこないんです
 
「気」は誰かに遣えば遣うほど ドンドン自分の身体に満ちてきて 
それは目には見えませんがその人の雰囲気を大きくして
人を引き付ける魅力になって行きます
 
よく、「気」のきく人は誰からも好かれます
なぜなら、その人のそばにいると居心地がいいからです
確かに、飲み物が無かったら足してくれたり、室温を気にかけてくれたり
色々と自分の為に「気」がついてくれてたら嬉しいし 
それが居心地がいい事と思いますよね。
 
でもチョット・・・違うんですね
 
気のきく人は絶えず周りを見渡しながら「不備」はないか・・・
なんて気にしていますから
起きている間はずーっと気を遣い続けて自分に「気」を取り込んでいるんです
 
「そんなに気を遣うと疲れちゃうよ」 そんな風に言われることも
しばしばだそうです。
 
でも本人は無理してやってる訳じゃないので ?なんで? って
感じなんだそうです。
気が満ちているという事は当然、免疫力も高くなっていますから
ほとんど病気はしないのです。
身体の調子がいいので気分もいい、そうすると又、人に「気」を遣える
絶えることなく良いスパイラルが生まれているのです。
具合が悪かったら、自分の事で精一杯。
人に「気」をつかうどころではありませんよね。
 
一人は全然悪くないんですよ。
でも、人とのかかわりを面倒くさいからとすべて絶ってしまったら
せっかくの「気」を取り入れるチャンスを捨ててしまっているようなものです
 
今は色々と聞いたりしたらプライバシーの侵害になるからとかなんとか、
隣近所に誰が住んでいるのかわからない場合も少なくありません
人と関わらないという事はコミュニケーションもないので、
色々な情報や知識も入ってこない訳ですね。
世間話から勉強になることも結構あるんですけどね。
 
希薄な世の中では知識も「気」も薄くなってしまうんでしょうか。
 
おひとりさまで鍋ものをしたりするのもいいでしょうが
鍋料理は大勢でワイワイ、色々な具材をいっぱい入れて食べる方が
美味しいし楽しいのではないですかね
 
私たち人間はせっかく言葉を話せる訳ですから たくさん喋りましょう
そしてたくさんの人と知り合って 友達の友達も友達になって世間を広げたいものです
 
って、こんなこと言うと 現代ではおせっかいなのかも知れませんね。
 
「おひとりさま」が悪いと言っている訳じゃないんです
たまには「おひとりさま」も自分を見つける
良いチャンスになるかも知れませんし
 
偏らずに どちらも まんべんなく やってみたらいかがでしょうか。

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ