相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


35.そのうち

そのうち
 
 
「そのうち」
 
意外と私たちは「そのうち」って言っています。
でも、「そのうち」って言ってやっていない事ってかなりあります。
 
 
特に身体の不調などはそのうちに病院に行こうとか、
延ばし延ばししているうちに手遅れなんていう事もあったりします。
忙しいのはわかりますが、「そのうち」で寿命が縮んでしまっては困ります
 
時間は作ろうと思わないと絶対に作れません
 
行こうと思わなければ目的の場所に行けないでしょ
ボーっとしていたら目的地に着いちゃったなんていう事は無いんです
 
道を走っていて何となくいい店を見つけて
「そのうち行ってみよう」と思っているうちに潰れてしまっていた
なんていう事も
 
もしかしたらその時にスグ行っていたら、
人生の大きなチャンスが待っていたかも知れません
 
それは誰にもわかりませんが、可能性が無いわけではありません
 
そのうちそのうち・・・呪文のように言っているうちに
チャンスはどんどん手からこぼれ落ちています
 
ハッキリ言って気功施術は最後の砦というか、
どこへ行ってもダメで来たという場合が多いです
「そのうち」と言っていた結果、手遅れで仕方なく気功へ来た、
そんな方もたまにいらっしゃいます
 
病気になった時、ほとんどの人は病院に行き、そして治療をしてもらいます
 
私も病院に行ってない患者さんには 
必ず病院に行って診断と治療・投薬をしてもらいなさいと言います
それは医師が病状を目に見える形にしてくれて、
患者さんも病状を自覚することで克服しようという目標が出来るからです
 
でも、西洋医学も万能ではありあません。
薬石効無く(薬石は色々な治療法や薬の事ですけど)
残念ながら と医師から告げられたら、もう、目の前が真っ暗です
 
そういう時期にかとう公いち治療院にいらっしゃる患者さんは
本当に生きる気力もないといった表情で
笑うなんていうことは忘れてしまったという感じです
 
気功は手品でも魔術でもありませんので一瞬で元通り健康体に戻すとか 
そんな事は出来ません
発症から現在までの期間、こじらせてしまった症状は
それなりの時間をかけなくては癒すことができません。
そう患者さんには申し上げます。
患者さんも「それは覚悟しています・・・」そう言ってから
私と二人三脚の施術が開始されるのです。
 
でも不思議な事に、施術に通い出して暫くするとみるみる顔色が良く、
楽しげになっていくのです
 
 
なぜなんだろう?
私も不思議なんです。
 
色々と考えました
私の「気」が癒しているから、それとも私の顔を見て楽しくなったのか
元気になって頂けるのならどちらでも構いませんが(笑)
 
 
ここまでは あまりいい意味ではなく「そのうち」と言ってきました
 
でも、西洋医学と東洋医学、それから気功
そのうちきっといい感じに融合されて、
病で苦しむすべての人に絶大な効果を上げていくと私は信じています
 
そのうち きっと

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ