相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


89.キラキラネーム

赤ちゃんは無垢です
両親は良い人生を歩んでもらいたいと
夢を沢山詰め込んだ名前をプレゼントします
名前はその人自身、そして表札のようなものです
立派に成長すれば大きな表札に
堕落してしまったら紙切れ一枚になってしまうかもしれません

昨今キラキラネームといわれるものが流行っています
親の想いですから私は否定しません
どんな名前を付けようと自由です

でも、どうでしょうか。
中には何と読んだらいいのかわからないものもあります

子どもは人と違うチョットしたことで傷つきます
名前も例外ではありません

運命と宿命の違いってわかりますか?

宿命とは生まれつきのもの
自分ではどうしようもないものです
遺伝的なもの、容姿であったり、先天的な病気もそうです

でも、運命は自分で変えることが出来るのです

名前はどうでしょうか?
ほぼ宿命です。
今は改名することも出来ます
しかし、改名しようとするからには
繁多な手続きや訂正などなかなか面倒です
そこまでして改名するからには
人には言えない相当色々な事があったはずです

子どもは人形ではありません
子ども自身が気に入っているなら何も問題がありませんが
もし、コンプレックスを持ってしまったら
それは大きな足かせになって成長を妨げることに
なってしまうかも知れないということを

良く考えて、その子の将来を想像して名前をつけて下さい

どうしてこんなことを言っているのかというと
それは「心」の問題が深刻だからです

いくら気功施術をしても一向に改善しない人がたまにいます
私も理由が分からなくて困っていました
ある日、何気ない話の中で名前の話になりました

その彼はキラキラネームといわれる当て字のような名前です
私は今風で格好いいねと軽い気持ちで言ったのですが
その時フッと顔が曇ったのです

もしかしたら、これが心のしこりか?

それから名前について話をしました

すると、せきを切ったように
「この名前のせいで・・・」と今まであった色々な事を
号泣しながら話しだしました
彼がひとしきり泣いた後、
私は
「ご両親は君に幸せになって貰いたいと思ってこの名前にしたのであって
決していじめられるようにと この名前を付けたんじゃないよ。
君には人気者になって貰いたいと思ったんじゃないかな」
そういうと又、彼は泣き出しました

後日、彼が施術に来た時に
私は一瞬誰だか分かりませんでした
それまでの蒼白いロウソクのような今にも消えそうな印象から
まぶしい太陽のようにパッと光輝いていたからです

今までコンプレックスだった名前ですが
両親になんでこういう名前を付けたのか聞いたそうです

すると自分が出来た時の喜び、生まれて来てくれた感謝
普段、何となく恥ずかしくてお互いに話せなかったことを
その日は話すことができたというのです
両親も名前で苦しんでいたことを聞いて彼に謝ったそうです
でも、その日以来、自分の名前が大好きになった
今は胸に大きく書いて歩きたい
そんな冗談も言えるようになっていました

それから数回で彼は完全に元気になりました
それ以来、不調とは無縁の生活を送っている様です
今もその名前と一緒に。


かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ