相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


118.歯

今にして思えばもったいない事をしたなと思う事があります。

私は歯並びが悪いです。
若いころに歯列矯正も始めたんですが
あまりの激痛と煩わしさと「この歯並びは私の個性だ」という考えで
止めてしまいました。
かかりつけの歯科医にはかなり説得されましたが
考えは変わりませんでした。

若いころは元気ですから、歳をとってからの事なんて気にしていません。
歯がどれだけ大事な存在になるかなど、微塵も思っていませんでした。

年寄りが入れ歯なのは虫歯で歯がなくなっているからと思っていました。
だったら、歯ブラシをして虫歯を作らなければ歯が無くなることなんてないんだ。
でも、事実は私にとって衝撃的でした。
手入れをせず、歯石をそのままにしておくと歯を支えている骨が
どんどん無くなって、ある日歯が抜けてしまう。
ホラー映画のような衝撃ですよ。
それがよく耳にしていた「歯槽膿漏」という病気です。

歯にそれほど重点をおいて生活していませんでしたから
歯槽膿漏なんて全く気にしていないし、
今にして思うと歯列矯正もやっておけばよかったかな、と思ったりもします。
でも、もし歯列矯正をしていたら今現在の私の人生とは違っていたかも。
もしかしたら本当にチャンスを逃してもったいない事をしたかも知れませんが、
それは誰にもわからない事です。

あの時ああしていればよかったとか、こうしていれば、
そう思うこともよくありますが、過去には戻れないのです。
誰もが納得する正解なんてありません。
その人がこの人生は幸せだった、正解だったと思えることができたら
それが正解です。

一番大切なことは、今、一生懸命に生きるということです。
後先考えずにやりたいことをやるということとは違います。

未来にどれだけの花を咲かせることが出来るかどうか。
今はそれを考えながら出来る限り最善を尽くすことです。

歯がとても大切だと気がついた私は今はちゃんとケアしています。
さすがに歯列矯正はやりませんが、歯槽膿漏にならないように
歯石除去や歯磨きは頑張っています。

8020(はちまるにいまる)運動というのがあるそうです。
80歳で20本、歯を残そうという運動らしいです。

私が知っている限りですが
80歳でも自分の歯で飲んだり食べたりしている人はとても元気です。
具合が悪くなったとしても回復が早いような気がします。
堅いものをよく噛むと脳にもいいですから。

歯なんて少しくらい大丈夫だろうとか、勝手に判断していると
気がついた時には大変なことになっているかも知れません。

なかなか痛くならないと歯科医院には行きませんが
お手入れをしてもらうと気持ちがいいし
何よりも歯がしっかりしていなければ美味しいものも食べられません。

身体にはどうでもいい部位なんてありません。
全部 大切。



かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ