相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


201.魔法の鏡 ◎

毎日、何の不満もなく穏やかに暮らしていられたら
それは世界で一番幸せ。
でも、そんなことはありえない。

人間には喜怒哀楽があります。
喜びと楽しさだけだったら世界はもっと明るく幸福なのだと
日々、思う。

怒ったり悲しんだり、それは心ばかりか体も蝕んでしまう。

怒りや悲しみは人間の性だから仕方ないといえばそれまでだが
人間だからこそ乗り越えられるような気もする。

がんや難病の方がかとう公いち治療院にみえるが
その方たちの前向きな姿勢にいつも私の方が勇気づけられる。

病気という大きな敵に立ち向かうと決めた時に
どうやら人間のレベルが上がるようだ。
今風にいえば「勇者」に変身する。

逆に病気になったことで自暴自棄になって荒れた生活をすれば
その先にはただ荒野にひとり佇む姿だけだろう。

そもそも、自暴自棄になっている人はかとう公いち治療院には来ない。
うちにみえる方は前者、すなわち皆、勇者なのである。

勇者はいつもハツラツとしていて明るい。
その生き方に私はいつも涙が出るほど感激してしまう。
そして、その周りの御家族や友人の方も同じ。
皆、とても素晴らしい人ばかりだ。

病気になったら痛くて辛い。
でも、その代わりに今まで見えなかった事が見えることもある。

窮地は沢山あるが病気もその中の一つ。
窮地に立った時に傍にいてくれる人こそが真に尊い人なのではないだろうか。

病気は嫌だけれど、もしかしたら真実を映し出してくれる
魔法の鏡なのかも知れない。






かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ