相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


216.パンドラが開けた箱

私たちは同じところにいつまでも留まれる訳ではない。
人の心だってそうだ。
移ろいやすいものだと思う。
それがいいとか悪いとか、そういう問題ではない。
人間とは、そういうものなのだ。

新しい事に挑戦するという事は実に尊い。
新天地に居場所をみつける事も大切な事だ。
そして自分の道をみつけて幸せになれるのならそれが一番いい事だろう。

今、私は「氣」を通して様々な人生に関わっている。
かとう公いち治療院に来て下さっている人には
皆、元気になってもらいたいし
幸せな毎日を送ってもらいたい。

ただ、「もう、ダメだ」などと諦めてしまう人も少なくない。
いくら励ましたところで本人が思い込んでしまっていては
私はお手上げなのである。

パンドラが不幸や災いの入った箱を開けた為に
世の中は絶望で満ち溢れてしまったが
箱の底に一欠片(ひとかけら)だけ「希望」が残っていたらしい。

パンドラの箱が残してくれた「希望」は絶対に捨ててはいけない。
どんな状況になっても希望に続く道は必ずあるから。












かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ