相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


238.ボロボロの鎧

自然の猛威の前に人間は何と無力なものなのだろうか。
昨日も大分で震度5強の地震があったり台風が日本に向かって移動中だったり
特に台風は大型化しているようで風速50メートル以上などといわれても
驚かなくなっている。

病気も得体の知れないものが次々に発病しているし、
はてさてどうしたものか。

同じ病原菌に接しても発症する人としない人がいる。
その差はなんだろうか。
そう、免疫力の差だ。
身体に病原体が入っても元気な人はやっつけることができる
でも、体力がなかったら応戦できないで病気になってしまう。

人の身体には毎日「がん」ができているそうだ。
たまたまその時に体が弱っていたら「がん」になってしまうのだろう。

誰も丸腰で戦場に行く人はいないだろう。
でも、現代人はストレスや過労で鎧がボロボロになっているのに
そのまま雨あられのように矢が降る戦場を走り回っている。
当然、ダメージは計り知れないものがある。
無傷で帰って来られる方が珍しいだろう。

じゃあどうしたらボロボロの鎧から頑丈な鎧になるか。
「あの人は気力があってすごいね」とよく言うでしょう。
そう、キーワードは「氣」だったのです。

皆さんも経験があるだろう。
身体の芯から泉のように元気が湧いてきた経験が。
すなわちそれが「氣」なのです。

誰にでも「氣」はある。
それを出すことが出来るか出来ないかだけの事。
練習したら誰でも出来る。
決して特殊な能力ではないのだ。

私はそれを全ての人に伝えたい。
ただそれだけの為に生きていると言ってもいいくらいだと思っている。
悲しい事に無名な私のいう事など誰も耳を傾けてはくれない。
これが有名人がチョット言ったら瞬く間に広がるのに。

有名になると色々言われたりしてある意味世間が狭くなるが
その代わりに伝えたい事を世界に発信できる。
かとう公いちと言う名前をもっとたくさんの人に知ってもらいたいのには
実はこういう理由があったのです。

自分もそうだけれどやはり有名な人と無名な人がいたら
どうしても有名な人のいう事を信じてしまう。
悲しいがこれが現実だ。

チャンスは必ずある。そう信じている。
そしてそのチャンスが目の前に来た時にいつでもキャッチできるように
その時のために準備を怠ってはならないのだ。




かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ