相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


268.桜のように

春爛漫、桜が美しく咲き誇っている。
毎年、この季節がとても楽しみだ。

桜は日本人の魂の花だと思う。
日本中が花を愛でながらその下で宴会をするなんて桜くらいではないだろうか。
この季節まだ寒いがそんなことに構ってはいられない程
桜の何がそこまで日本人を突き動かすのだろうか。

よくDNAに組み込まれているなんていう事をいうが
顔かたちが似ていくように
先祖代々桜が好きという気持ちも遺伝しているのかもしれない。

桜のいいところは何だろうか。
美しく咲いているところは勿論だが
ハラハラと散るさまは何とも言い難いくらい美しい。

小さい頃チラシを細かく切り刻んで桜吹雪!とか言いながら
まき散らして遊んでいたことを思い出した。
楽しかったがその後は親の雷が落ちて地獄だった(笑)

美しいものを美しいと言えるという事
それは健康だからかも知れない。

病気だったり心配なことがあったらとても思えないかもしれない。

生きたくても生きられない人がいる。
今、この時に命の期限を告げられて死の恐怖と戦っている人がいる。
その人たちの気持ちは私の想像を遥かに超えている。
そういう人達に私は何をすればいいのだろうか。

調子が悪い時はうつむき加減、下ばかり見て歩いてしまう。
桜はものを言えないがパッと咲く姿で自然に顔を上げさせてくれる。
「ほら、顔を上げてごらん、桜の花、きれいだよ」と言っているような気がする。

桜には遠く及ばないが私もかとう公いち治療院に来て下さる皆さんに
上を向いて笑って貰えるようになりたいと思う今日この頃。

「今年も咲いてくれてありがとう。」
桜の下を歩きながら小さな声でつぶやいてみた。











かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ