相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


375.不覚にも

不定期にかとう公いち治療院にいらっしゃる方がいます

その方がこう仰いました
「私と同じ立場の方が居たとしたらかとう先生の所に是非来た方がいいと思います」

その方は親の介護をしています
仕事、家庭、そして親の介護
「24時間勤務なんですよ」と笑って話して
暗さは微塵も感じられない
逆に私が彼女から元気をもらうくらい

介護しているお母様がショートステイに出かけるタイミングで予約が入ります
そして治療台に横になり私が「氣」を送り始めると大きく一つため息をつきます
「ここは極楽ですか」と笑いながら

彼女は言わないが相当疲れているのがわかる

「ああー、深く沈んでいくような気がします」

あなたそれだけ忙しいのによく頑張れますねというと
普段は全然疲れを感じないのだと言います
ただ、お母様をショートステイに送り出すと吐き気、腰痛、頭痛等々
立ち上がれないくらい何でというくらい
一気に色々な症状が出るらしい

最初は病院に行っていたが少し疲れているだけと特に薬も出ず
仕方なく栄養ドリンクを飲んで
2日くらい寝込んでいたが
気功に出会ってからはすぐに元気になれるのだという

今の自分の状況が嫌なわけじゃない、むしろ親の面倒をみられて感謝しているという
彼女も50代、想いとはうらはらに身体は疲労する

私がどこまで彼女の為に出来るのか
とにかく、癒したいという想いだけが膨らむ

世の中まだまだ「氣」というと胡散臭いと捉えられてしまう
その垣根が取れれば楽になる人が沢山いるのに
私もまだまだだ
もっともっと頑張らなければ・・・

施術が終わって「又、電話します」と言い元気に笑って帰っていく

私は外に出て次に来るまで24時間気の抜けない生活をするであろう
彼女の後ろ姿を手を振りながら見送り
不覚にも又、涙が出てしまった






かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ