相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


丹田くんの言いたい放題: 2014年8月

182.楽しい事を考える

あんなに暑かった夏が急に涼しく、長袖を羽織る様な陽気になってしまった。楽でいいが、どこか違う。このまま夏が終わるとは思わないが寒暖差が大きいと身体がついていかない人が多いのではないだろうか。歳をとった...

続きを見る

181.意識

目の前にあるコップの水を飲みたいと思った。さあ、この後どうなるでしょうか。当然コップを手に取って、水を飲みますね。では、コップの水が目の前にあるが水は飲みたくない。コップを見ても手はのびないでしょう。...

続きを見る

180.乞うご期待

今から40年ほど前、私が10代の頃大人たちは私たちを「ながら族」と呼んでいました。「~しながら」のながらです。ラジオを聴きながら勉強する。テレビを見ながら食事をする。歩きながら音楽を聴く&hellip...

続きを見る

179.無邪気

夏休みを頂いたが、かえって忙しかったといったら笑われるだろうか。「気」という自分の好きな事を仕事に出来ているということに私はいつも幸福な気持ちを抱いている。私のように幸福な人間が世の中に何人いるのだろ...

続きを見る

178.笑いの効能

世の中には色々な人がいる。常識からかけ離れている人もいる。ここでひとつ、疑問がある。「常識」とはなんぞや。常識とは多数決のようなものなのだと思う。ほとんどの人が「それが常識だ」といったものが常識になる...

続きを見る

177.ふっと、笑う

いつも「諦めたら終わりだ」そう言っています。でも、人の心はとても弱いものです。すぐにくじけそうになってしまう。私も例外ではない。チョットしたことで落ち込んだり悩んだりもする。人間だからそれは仕方のない...

続きを見る

176.休むという事

休むことを罪だと思っている人がいる。とにかく働いていなければ社会から取り残されたようなそんな気になってしまうらしい。外国では1ヶ月くらい休暇をとって旅行したりするのが当たり前のようだが日本にはなかなか...

続きを見る

175.花火たち

ここのところ忙しくなってしまったので久しく花火を見ていない。夜空に咲く大輪の華あのドンという音とパッと夜空に散る閃光は非常にテンションが上がります。でも、あのヒュルヒュルという花火が上がって行くときの...

続きを見る

174.気をつかう

急に不安が襲ってくる時がある。生活環境は変わっていないのに。むしろ、仕事も順調な場合が多い。天候や諸事情は常に変化していてもそれですべての人が影響されるわけでもないし。じゃあ何故なんだろう。精神安定剤...

続きを見る

173.学生の頃の友人

学生の頃私の友達が私に向かってよく言っていた。「公ちゃんはいいよなぁ、毎日楽しそうで」その時私はいつもこう答えていました。私「○○お前、今楽しくないの?」友「うん、何も楽しい事なんてない。」私「あっそ...

続きを見る

172.隣の芝生

感情がコントロール出来ない人がたまにいる。病気がそうさせているのか、元々の性格なのか。さあ、どうしたらいいものか。穏やかに穏やかに…心で念じているもののついついエキサイトしてしまって私も...

続きを見る

171.気力

自分の勤めている会社が倒産したら。ここに二人の人間がいたとします。一人は途方に暮れ落ち込んでしまいました。もう一人はこれを機会に起業しようと動きだしました。この差はなんでしょうか。それは「気力」の差で...

続きを見る

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ