相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


丹田くんの言いたい放題: 2017年1月

320.辛く悲しい人に

コーヒーを美味しそうに飲んでいる人を見ると非常にうらやましい。香りは大好きだがあいにく私はコーヒーが苦手だ。コーヒー牛乳などは大丈夫だけれどブラックは厳しい。香りは記憶と密接な関係がある。昔の記憶が香...

続きを見る

319.「死」を見つめる

この世の中で平等なものは何だろうか。世界を数パーセントの人間が富を握り支配している。世の中のほとんどの事は金で何とかなると思っているのだろう。では、その人たちは本当に幸せなのだろうか。私はそんなことは...

続きを見る

318.生きるということ

生きるとはそう問われてもすぐには答えられない。生きる事を考える時必ず「死」がついてくる。人間は100%死ぬ不老不死などはない親しい人が亡くなっていくのは悲しいそしていつか自分も亡くなるのだと改めて知る...

続きを見る

317.生かされているのだ!

生きているのではない。生かされているのだ!というのはよく聞く話だけれど生かされているからこそ強く強く生きなければならない。だ、けれども頑張ってはいけない。頑張ると力が入って身体が固くなるから。頑張らな...

続きを見る

316.重さの違い

誰だって楽をして利益を得たい。誰かのツテで、誰かの金で、誰かの力で。たが一つだけ言っておこう。そんなもので得た利益は手には残らない。ここに一万円札が2枚あります。一枚はあなたがアルバイトで1日、汗をか...

続きを見る

315.それでも

転ばぬ先の杖という言葉を知っているだろうか昔は道も悪く暗かったから杖をつきながら歩かなければきっと転んでしまったのだろう怪我をしない為には必要ということか。時代は移って今はどこも舗装され街灯が整備され...

続きを見る

314.命の重さ

最近、スマホ等で動画をアップして炎上なんていうニュースをよく耳にします。飲食店の冷蔵庫に入ってみたり、先日はチェンソーを持って宅配便の事務所に乗り込んだなんていうのもあった。一旦発信した動画は自分が削...

続きを見る

313.「氣」をとらえる

第六感を信じるだろうか。人間の五感とは(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)それ以外にもうひとつ第六番目の感覚が第六感と言われている。なんとなく嫌な感じがするとか、漠然と感じることはないだろうか。杞憂に終わ...

続きを見る

312.何故、生きなければならないのだろうか

何故、生きなければならないのだろうか。それは生きていてほしいと望む人がいるからだ。人は一人で生きているわけではない。必ず誰かと関わっている。無人島でひとり、自給自足しているのなら別だが。誰かが水をガス...

続きを見る

311.20歳のころ

20歳のころ自分は何を考えていただろうか。少なくとも人生の終焉の事など微塵も考えていなかった。これから過ごすであろう60年という果てしもない時間をどう消費したらいいのか考えて少ししんどいような気にもな...

続きを見る

310.旅の空で 2

世界地図を見回すと日本のなんと小さい事か。その小さな日本でも北海道と沖縄では気温にはこんなにも大きな差がある。今日、北海道の江丹別では-23.5度、私のいる沖縄は+21度横浜はきっと10度くらいなんだ...

続きを見る

309.旅の空で「不自由という自由」

自宅なら自分のお気に入りの道具があり何不自由のない生活を送れるが旅行先ではそうはいかない。備え付けのドライヤーやアメニティーグッズと家から持ってきた髭剃り位で済まさなければならない。でも、無ければ無い...

続きを見る

308.小児科医の実践する風邪予防法

2017年も穏やかにあけましたが良いことばかりではないようです。強力なインフルエンザやノロウイルスが猛威を振るっているからです。ここでひとつ私からお年玉情報(笑)小児科の医師は風邪をひかないそうですな...

続きを見る

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ