相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


院長ごあいさつ

信じる信じないは関係ありません

治るときは治るのです。

katou1.jpg横浜で唯一のがん、難病、うつ病等の
専門の治療院です。
治療家歴は33年。
この地平沼橋に治療院を置いて11年。
延べ7万人の施術実績を携え、
現在は、「氣」の施術を行いながら
後継者の育成のため
日本全国はもとより世界各地に
かとう公いちの「The 氣メソッド」を伝え歩きながら
昨年発表した健康法「手あわせ健康法」の普及に努めております。
 
「婦人公論」「アンアン」「女性セブン」「フライデー」等
多数雑誌取材掲載を受けましたが
雑誌等に取り上げて頂くのは多くの方にかとう公いち治療院を
知っていただきたいからです。
 
当院の真の目的は来ていただく方が「しあわせ」になっていただくことです。
単に病気を治すとか痛みをとるということを目的にしておりません。


私は長い間たくさんの方をみてきました。
約30年やっていると今と30年前とでは
気功に対する世間の見方は変わってきたなと感じています。
でも、まだまだと私は思うのです。
 
病気になったらすぐに病院や医師にかかるという方にとっては
気功はハードルの高い、まだまだ信じられない、
そんなもので治るならば医者なんていらないと思うでしょう。
 
私のところにみえる方はどこに行っても痛みや苦しみから逃れられずに来た方ばかりです。
本心では気功なんて信じていないが
もしもこれで治るならと半信半疑でここが最後だと思ってきている方が9割です。
 
当院は紹介の方がほとんどです。実は皆さん「気功」を最初から信じて来ているのではなく
自分の身近な方があんなに具合が悪かったのに快方に向かっている、
または治ったのを見て来院します。
 
私はいつも気功は素晴らしいと思う反面日々気功は不思議だなぁと思うことばかりです。
当院が遠くて来られない方は
自分の住んでいる町の気功治療を是非探して とにかく一度、気功治療を受けてください。
 
そしてご自分で気功治療を判断してください。その効果にビックリされると思います。
気功はあなたが思っているようなおどろおどろしいもの、うさんくさいもの、
宗教的なものではありません。
 
方法はどうであれ健康になれるならそれが最高です。
そんな方法の一つが気功です。

生命力(氣)

 

気功は 不満 怒り 心配 不安 恐怖 悲しみ 妬み などで不調を起こした身体を整え皆様の健康を応援いたします

以前NHKで100歳以上の方ばかりを日本全国訪問するという番組がありました。
その方たちに「なぜあなたは100歳を越しているのにこんなに元気なんですか?」
と質問すると皆、口をそろえたように「くよくよしない。」
「不安や悩み、心配事がない。」「いつも楽しくて幸せです。」というのです。
 
実は最初に書いた不満 怒り 心配 不安 恐怖 悲しみ 妬みなどのストレスがないと
日々元気に過ごすことができて長生きできるのです。
 
ー院長のおいたちー
私は生まれた時から運がよく これまでも運がいい人生を送ってきました。
思った事は実現してきました。
 
50年前、私が産まれた時は未熟児で青く仮死のような状態でした。
その場にいた人は皆「この子はもうダメだろう」と思ったそうです。
 
このことは成長するにつけことあるごとに、大きくなってからも
「あなたは本当は産まれたときに死んでいたかもしれない」と言われ続けました。
 
医師は患者が生死を分かつ状態の時にいう言葉は
「生命力があった、生命力がなかった」という言葉です。
 
私は産まれた時が死んで当たり前の状態だったので
「この子は生命力があったんだね」と言われました。
実はこの言葉が全てなのです。
 
西洋医学の医者も元気な子供が突然の死を迎えたり、
余命わずかな子供が息を吹き返して元気になった時は「生命力」という言葉を口にします。
この子供には生命力があったとか なかったとか。
ではそのことを医師に質問します、生命力とは身体のどの臓器を指すのでしょうか、
どこにあるのでしょうか。
 
医師も答えられません。生命力という臓器はないからです。
この世に生を受けた時から私たちの生命力は始まります。
私たちはせっかく授かった生命力(氣)をもっと自分の身体の中で
発揮させる必要があります。
 
医師は「氣」は信じませんが生命力という言葉は使います。
気功はその方の持つ生命力(氣)を引きだすのです。
その方の体内に生命力(氣)があふれ出すと身体がとても丈夫になります。
病気に対して抵抗力が増します。
 
もう一つ言うと生命力(氣)があふれ出すと物事が上手く運ぶようになります。
運が良くなるということです。
 

ぽっかり日記 

みなさんこんなこと考えたことありませんか。
katou2.jpg
どうしてお天道様は毎日昇ってくるのだろうと。
私たちだって外出したい日外出したくない日がありますよね。
太陽だって「今日は昇りたくないな~」と思う日があってもいいんじゃないかと思った事ありませんか。
 
私はこの太陽が毎日毎日昇ってくることが不思議でたまりません
昇ってこなくなったら地球が冷えて植物が育たない
それを食べる動物も生きられないし当然人間だって
生きることができずに死んでしまいます。
 
そんなことを子供のころ考えていました。
そして気づきました。
 
太陽が毎日昇ってくることはなんて幸せなんだろうと。
 
太陽がなければ私たちは生きていけないけれども
もしも太陽がもっと近かったら・・・そうです皆焼けてしまって生きられません
じゃあ太陽がもっと遠かったら・・・地球が冷えてこれ又生きられません
 
太陽と地球がいつも同じ距離にいてくれるから私たちは生きているのです。
この太陽と地球をいつも同じ距離に保つように調整してくれる力のことを
どう考えるか。
 
この話が大げさだと感じる方はこう思ってみて下さい
(ここからちょっとイメージしてみてください)
         
今、あなたの住んでいる町からお好きな方向に100km移動してください
あなたは死んでいますか?
死んでいませんよね 生きています
 
では今度は上(空)に向かって100km移動してください
生きていますか?
 
おそらく生きていられないでしょう
たった100kmだけでも上に行ったら生きられません
不思議だと思いませんか
 
私たちはものすごい力で守られています
空気があるのは当たり前ではないのです
空気があるところも地球を宇宙から見たらほんのちょっとの範囲だけです。
 
この見えない空気はやはり「氣」だと思うのです
気はものすごいエネルギーですね
 
気功からはちょっと外れますが本当は見えないものこそ大切なんです
本当に大切なものはいつも目に見えないんです
相手を思いやる気持ち・愛・優しさ・空気・電気・電波・感謝の思い・・・
みんな見えません
 
見えているものはあれば便利だけどなくても死なない
昔の人は今の様に便利なものは何も無くても
知恵と工夫と忍耐でみんな生きてきたんです

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ