相鉄線平沼橋駅から徒歩1分 横浜の気功治療院  がん再発なし5年以上経過97%

かとう公いち治療院


不眠が治りました!

神奈川県 横須賀市 匿名さん (68歳・女性)元小学校教諭

パキシル(抗うつ剤)なしでも眠れるようになりました

気功の施術を受けることにより不眠の症状が良くなった経験をお話しします。
私は小学校の教員を退職した後、悠々自適の生活をする予定でした。
くよくよと心配ばかりしてしまう生来の性格も大いに関係していると思うのですが、
快適な生活とはいきませんでした。
ちょっとしたことをきっかけにして不眠に悩まされるようになりました。
7年前の61歳の時です。精神科に行きパキシル20ミリ錠を処方してもらい呑み始めました。
しかし、眠れることは眠れるのですが、深い眠りは得られず、心地よい眠りではありませんでした。
いつも頭がぼーっとしているような違和感がありました。気分も晴れませんでした。
 そんな時に、あるフィットネスクラブで加藤先生の気功のエクササイズに出会いました。
深呼吸とリラグゼイションから「気」の通りやすい身体にしていくこの教室は
私の体を解きほぐしてくれました。少しずつ眠れるようになっていきました。
 そのフィットネスクラブで加藤先生の気功の施術院の事を聞き、
施術を受けてみることにしました。
 私は5年以上飲み続けたパキシルをやめても眠れるようにしたいと先生にお願いしました。
先生は少しずつ薬を減らして止めるようにしましょうと言ってくださり、
週一回の治療が始まりました。
 治療はベットの上に寝ているだけの楽なものでした。先生が気を入れ始めると、
頭頂部と左側頭部がドクドクと脈打ち始めました。
そのうち手や足がぽかぽかしてきて眠くなってきました。何とも心地よい治療でした。
終わったあとは体が軽くなり、駅の階段も小走りに上がれるような感じでした。
このような身体の軽さを実感したことは私にとっては驚きでした。
それは治療のあと毎回体験しました。もちろん心も軽くなっていました。
 パキシルは1錠の4分の3、4分の2、4分の1と少しずつ減らして、
3カ月ぐらいかかって0にすることができました。
最後にはパキシルなしでも眠れるようになりました。その間、週に1回の施術を受けました。
 「気」を通すことにより心も身体も柔らかくなり、緊張が解けていきました。
また、自分でも「気」を流して緊張を解くように努めています。
電車の中やテレビを見ながらでも、どこでもできるのでとても手軽な健康法です。
「気」を通すことによりそこがゆるみます。
そのゆるみが、今の私には大変心地よいのです。「気」を通すことにより疲れも取れます。
自分の体を自分でメンテナンスできるのです。
自分の身体と向き合うということを加藤先生に教えて頂きました。
加藤先生の「気」に巡り合えたことは本当に私にとって幸運でした。
 月に一度はこれからも施術を受けようと思っています。

かとう公いち治療院のご案内

住      所:
〒220-0024神奈川県横浜市西区西平沼町1-28ライオンズマンション平沼橋第2101
アクセス:
平沼橋駅より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
045-314-0600
受付時間:
8:30~22:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ